地域学部の教育研究上の目的

 地域学部地域学科は,生活の質の向上とその基盤である地域の持続可能な発展を目指して,地域をつくりあげている諸要素や人々のつながりからなる地域特性と地域の諸課題を的確に捉えて探求するための知識及び思考力並びに課題解決に参画する社会的実践力を有する人材を養成することを目的とし,各コースの教育研究上の目的は,次のとおりとする。

地域創造コース

 地域の現在及び将来の課題の解決に向けて,さまざまな主体との協働による地域の振興・活性化の方法,将来の望ましい地域のあり方を学び,積極的かつ主体的に取り組む地域創造に資するキーパーソンとなりうる人材を養成する。

人間形成コース

 人間形成に関わる諸理論と実践を学び,学校教育のみならず,生涯にわたる人間形成の立場から,地域の人づくりを支えるキーパーソンを養成する。

国際地域文化コース

 現代社会の構造と文化的特質,グローバルな文化と芸術文化,地域の生活文化など,様々な文化の関係性とそれが生活においてもつ意味を理解して,日本を含む世界の様々な地域で,異質なものを相互に認め合いながら,一人ひとりの生活と生の充実及びつながりの創出を実現する人材を養成する。