農学部の教育研究上の目的

 農学部は,「知と実践の融合」を図る取り組みのなかで,食料,生命,環境,獣医療等の領域に関する教育研究を行うとともに,豊かな人間性と国際的な幅広い視野と創造性をもって人類及び動物の生存と福祉に貢献できる人材を養成することを目的とし,各学科の教育研究上の目的は,次のとおりとする。

生命環境農学科

 地域規模から地球規模までの広範な課題に対応できる学際的かつ総合的な視野を有し,乾燥地等における環境問題の解決,農林業を通じて培われた地域資源の保全管理,有用生物資源の発掘と利活用による食料生産の推進,生命現象の解明とその応用を通じて人類の生存や生活改善に貢献する人材を養成する。

共同獣医学科

 あらゆる動物の健康維持,病態解明と治療法の開発、家畜感染症及び人獣共通感染症,安全な畜産物の提供などに関する教育研究を行うとともに,獣医学に対する多様化・高度化する社会的要請に対応し,獣医師の職務を遂行する上で必要な実践的行動力及び国際通用性を備えた人材を養成する。