体育の授業中、課外活動中の不慮の事故に備えて、大学会館、体育施設、課外活動施設等にAED(自動体外式除細動器)を設置しています。

 
日本では病院外で年間2万~3万人もの人々が、心臓突然死によって命を落とすと言われています。この数字は、交通事故による死者数の4~5倍にのぼります。
この心臓突然死の主な原因となる心室細動の正常化に最も効果的といわれているのが、AED(自動体外式除細動器)です。

AEDは一般市民の使用が認められており、操作は音声ガイダンスに従って、電極パッドを傷病者の胸部へ張り付け、電気ショックのボタンを押すだけです。電気ショックを与えるかの判断はAEDが行うので安心です。

体育の授業中や課外活動中に突発的に心臓や呼吸が止まってしまった場合には、そばに居合わせた人の適切な処置によって命を救うことができる場合があります。まず応急手当、そして救命のリレーをつないで、大切な命を守りましょう。

 

設置場所(最寄りの施設)

大学会館2階入口  (大学会館、生協等)

  

武道館玄関  (武道館、第1体育館、ゴルフ練習場)

 

テニスコート管理棟男子トイレ入口  (テニスコート、弓道場)

 

第2体育館玄関  (第2体育館、学生合宿所バードピア、サークル部室棟、プール、文化系サークル共用施設)

 

サッカー・ラグビー場  (サッカー・ラグビー場、陸上競技場) 

 

野球場  (野球場、馬場)  

 

課外活動貸出用(生活支援課) 


(学外での試合や遠征時においてAED設備のない施設やフィールドで活動する場合に貸し出しします。携行したい場合は生活支援課に申し出て下さい。)