鳥取大学では、学生の皆さんひとりひとりが心理的、身体的に安全な環境で勉学に研究に仕事に専念し、充実したキャンパス・ライフを送ることの出来る大学を目指しています。

そのためには、安全な教育・研究環境を脅かすいかなる行為も、黙認されるべきではありません。

大学における人間関係は、男女の自由で平等な関係を前提とし、男女が互いに相手の立場を尊重し合うことを基盤としています。

しかし、残念ながら、この基盤が崩れ、性的に差別を受けたり、心理的、身体的に傷つけられることが起こらないとは限りません。

鳥取大学では、こうしたハラスメントを防止するために、ガイドラインを作成しています。