鳥取大学は、教育研究理念である「知と実践の融合」のもと、学則で教育の目標を定め、これを「教育グランドデザイン」として具体化しています。そこでは、「人間力を根底においた教育」を展開することによって、「社会の中核となり得る教養豊かな人材の育成」を目指すことを宣言しています。
こうした人間の育成を実現するため、学士課程における「卒業認定・学位授与の方針」「教育課程編成・実施の方針」「入学者受入れの方針」を定めます。

 

卒業認定・学位授与の方針

 鳥取大学は、学生が本学における学修と経験を通じて次の能力を身につけたときに学士の学位を授与します。

  1. 文化、社会、自然に関する幅広い知識・理解、これを土台とした特定の専門分野に関する深い知識・理解、知識獲得のための方法と技能、そしてこれらを統合した豊かな教養
  2. 現実に生起する様々な諸課題を探求し解決していくのに必要な、論理的思考力、的確な判断力、創造的表現力
  3. 地域から国際社会まで、幅広い興味・関心をもち、自律的・主体的・継続的に学び、自らの人生を豊かにする生涯学習力
  4. 高い倫理観及び責任感をもち、他者との豊かなコミュニケーションをもとに、協働して実践する力

 教育課程編成・実施の方針

 鳥取大学は、卒業認定・学位授与の方針で示す能力を学生が身につけることができるよう、次に掲げる方針のもと、体系的な教育課程を編成し、実施します。

  1. 入学後の学修を主体的に行うことができ、かつ、学習動機を明確化できるよう、初年次教育を充実します。
  2. 社会の中核となり得る教養豊かな人間育成のため、教養科目・外国語科目・健康スポーツ科目からなる全学的な共通科目と、特定分野の知識と技能を身につける専門科目との融合を図ります。
  3. 課題解決能力や社会的実践力を形成するため、理論的追求と実践的追求を促し、これらを統合する科目を設け、知と実践を融合する教育課程を編成します。
  4. 自律的な生涯学習力を育成するため、キャリア形成に関わる教育を推進します。
  5. 高い倫理観及び責任感をもち、豊かなコミュニケーションをもとに他者と協働して実践する能力を形成するために、対話型・参加型教育の展開に努めるとともに、課外活動でもこのような能力が形成されるよう多様な機会を提供し、必要な支援を積極的に行います。

入学者受入れの方針

 鳥取大学は、本学の基本理念である「知と実践の融合」を志向し、「知識を深め理論を身につけるとともに、実践を通して地域から国際社会まで広く貢献していきたい」という意欲をもった、次のような人を求めています。

  1. 文化、社会、自然に関する基本的な知識・技能を有する人
  2. 大学で学ぶにあたり、基礎的な思考力、判断力、表現力を修得している人
  3. 自己の能力を継続的に向上させようとする意欲がある人
  4. 倫理観及び責任感をもち他者と協働して社会に貢献したいと考えている人

 上記のような人を選抜するために、様々な背景を持つ人に対して広く受験機会の門戸を開くよう、多様な入試の機会を設けます。