国の教育ローン (日本政策金融公庫・教育一般貸付)

国の教育ローンは、高校、大学、短大、専修学校、各種学校などに入学・在学されるお子さまをお持ちのご家庭の「家庭の経済的負担の軽減」と「教育の機会均等」を図るために創設された、公的な融資制度です。

対象者(保護者) 

学生の保護者(主に生計を維持されている方)で一定の要件を満たす方

 ※金融機関の融資審査により、融資を受けられない場合があります。

申込期間

○必要時にいつでも申込み可能(合格発表前も可能)   

申込手続

○インターネットまたは郵送・来店
 https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html
 なお、申込書は生活支援課奨学係窓口でもお渡しします。 

その他

  • 最高350万円まで借入れ可能
  • 金利 年1.81%(固定金利)平成29年4月3日現在
  • 20日程度で入金
  • 在学期間内は利息のみの返済(元金据置)が可能 

お問い合わせ

教育ローンコールセンター 0570-008656
または日本政策金融公庫 鳥取支店
  電話:0857-22-3156
 

 

入学料及び授業料奨学融資制度(山陰合同銀行、鳥取銀行(NKC))

 奨学融資制度は、経済的理由により、入学料又は授業料の納付が困難な者に対して、本学が指定する金融機関等からそれ相当額の融資(ローン)が受けられる制度です。
 

対象者(学生) 

○入学料又は授業料の免除申請者のうち、半額免除となった者(予算の都合上、不許可となった者を含む。)

○入学料の徴収猶予申請者のうち、徴収猶予が許可された者
 ※
金融機関の融資審査により、融資を受けられない場合があります。

申込期間

○7月初旬~中旬 (4月入学入学料、前期授業料)

○12月下旬~1月初旬 (10月入学入学料、後期授業料)

授業料免除申請の結果は、前期は6月下旬、後期は12月下旬に決定します。

・入学料免除及び徴収猶予申請の結果は、4月入学は6月初旬、10月入学は10月下旬に決定します。

・入学料が半額免除となった者は、免除結果通知後に徴収猶予の申請を行ってください。 

申込手続

  1. 申込書を生活支援課奨学係(米子地区は学務課学生係)の窓口でお渡しします。必要な書類を揃えて、金融機関等で申し込みをします。
  2. 申し込みした金融機関等で審査が終わり、融資が決定されれば、金融機関等から入学料及び授業料相当額が本学へ直接納入されます。なお、審査中は授業料等の支払いは猶予されます。

その他

  • 融資額の返済は、大学を卒業(修了)後、元金及び利息分を月賦払いなどにより返済することになります。
  • 在学中の利息分は、本学が支払うため、学生の負担はありません。  

お問い合わせ

鳥取地区:学生部生活支援課奨学係(共通教育棟B棟1階)
  電話:0857-31-5059
米子地区:医学部学務課学生係(総合教育棟1階)
  電話:0859-38-7100