理念・目標

目的・理念・教育目標

工学部   Faculty of Engineering

工学部の目的

 本学部は、人類の福祉と社会の発展に資するため、主として工学の分野における学術研究と教育を行うとともに、社会が必要とする技術を開発し、それを駆使しうる人材を養成することを目的とする。

工学部の理念

 工学技術の急速な発展は生産性の飛躍的な向上を可能とし、人類に多大な恩恵をもたらした。その一方で環境が破壊され、物質的豊かさの陰で人々の心の荒廃を招くといった問題をもたらしたこともまた事実である。
 人類が将来にわたって豊かな生活を送るために、「地球資源を食い潰して繁栄するための技術」から「持続的に発展可能な社会を作るための技術」への転換が要請されている。また、「要素学」としての伝統的工学に加え、伝統的工学と他の学問分野の成果を課題解決のため融合利用する「総合学」としての工学が必要になってきている。しかし、一方で入学者の基礎学力と目的意識・意欲の低下が見受けられるといった現状がある。
 このような認識の下、近年の技術革新や産業・社会・経済構造の急激な変化に伴う社会からの要請に応えるためには、「人としての理想を求める工学の追及とそのプロセス、成果に基づく技術者・研究者の育成」が最も重要かつ必要であると考え、このことを工学部の理念とする。

工学部の教育目標

  以下の能力・素養を身につけた人材を養成する。

  1. 人類の幸福・福祉を考え、社会に対する責任や倫理観を自覚する知的・道徳的能力
  2. 技術者としての基礎学力と技術をしっかり身につけ、問題解決のために応用できる能力
  3. 自分で学習する能力
  4. 論理的な記述、発表、討論などのコミュニケーション能力
  5. 個別知識の獲得に留まらず、総合的・系統的に思考する分析能力と総合能力
  6. 社会のニーズを汲み取った問題発見・解決能力
  7. 多様な価値観や地域特性、文化的背景の存在を踏まえ、柔軟で視野の広いものの考え方が出来る能力 

  各学科においては、さらに以下の教育目標を持つ。

機械工学科 機械工学の基礎に基づく創造的人材の育成
知能情報工学科 情報化社会の担い手となる研究・技術者の育成
電気電子工学科 電気電子工学に関する基礎学力及び技術とその実践応用能力を備えた人材の養成
物質工学科 化学の基礎的事項の修得と総合的思考力を持つ人材の養成
生物応用工学科 21世紀のバイオテクノロジー産業を担う技術者の育成
土木工学科 社会基盤整備や環境に取り組む創造的技術者の育成
社会開発システム工学科 学際的な知識と能力及び社会性を持つ技術者の育成
応用数理工学科 工学基礎教育(数学、物理等)の徹底と応用力の育成

 これらの目標を達成するためには、厳密な教育プログラムの設計と厳密な実行が必要である。そのため、それぞれの科目のシラバスを厳密に作成しそれぞれの科目に数値目標を定め、達成度を評価する。


大学院   Graduate School Programs

大学院工学研究科の教育目的

 高度技術者養成の必要性は社会的に,とくに工学関連企業を中心として広く認識されており,高度専門知識を身に付けた人材に対する需要は年々高まりつつある。
 また,国際的にも工学分野の大学院教育は一般化しており,国際協力,国際共同事業等においても大学院教育の必要性は十分に認識されている。
 このような状況を鑑み,本研究科では次のとおり教育目的を設定する。

博士前期課程(2年間)の教育目的

 工学研究科の各専攻(博士前期課程)は,工学分野の多様化するニーズに対応できる知識・技術を教授し,研究活動を通した高度な教育研究を行うとともに,当該分野における萌芽的研究や開発研究を進めることができる高度専門職業人,又は研究者を養成することを目的とする。

 この課程における教育は,基本的に研究と不可分であるため,学部4年間の教育に引き続き,より一層高度な専門知識を教授するとともに,研究にも参加させて,知識と技術の両者を調和させて一体化することが出来る技術者・研究者としての能力を涵養する。

博士後期課程(3年間)の教育目的

 工学研究科の各専攻(博士後期課程)は,専門的及び学際的立場から工学分野の高度で先進的な教育研究を行うとともに,豊かな学識を有し,自立した研究活動を行う能力,社会の要請に対応できる応用力,創造力を有する技術者,又は研究者を養成することを目的とする。

 今日,社会では科学と技術が相互に浸透しあって学問が一層進化するとともに,その多様化に応じて新しい境界領域・学際領域が開拓されており,一方では学術分野の総合化も進められている。これらに柔軟に対応し,さらに学術分野を総合化して発展させ,新しい分野を切り拓くことのできる能力,広範な学力,高度な専門分野の知識と研究能力を備えたうえに独創性も発揮できる技術者・研究者としての能力を涵養する。

大学院工学研究科の教育目標

 前述の教育目的を達成するため、次の教育目標を掲げる。
博士前期課程(2年間)の教育目標
  • 基礎学力の強化を図り,問題発見能力,解析能力,解決能力を獲得できるよう高度技術者教育を行うとともに,研究活動を通じて研究者としての素養を高めるような教育を行う。
  • これまでに学んだ知識を統合し,新しい課題を発掘してそれに挑戦する方法・姿勢を体得させることで,萌芽的研究及び開発研究を進めることができる高度な技術者や研究者を養成する。研究活動は研究室体制の下で実施し,複数教員による個別指導を行う。
  • 博士後期課程に進学し,学問分野を継承発展させうる研究者の育成も視野に入れた教育研究を行う。
博士後期課程(3年間)の教育目標
  • 学問体系の多様化,社会的要請,学際的・横断的教育・研究に柔軟に対応し,伝統的専門分野に加えて学際的新分野,国際水準の研究,学術・文化,科学・技術の進展に柔軟に対応できる積極性,創造性豊かな研究者,技術者及び高度職業人を養成する。
  • 従来の専門分野にとらわれず,総合的かつ学際的立場から,高度な専門分野の研究能力と豊かな学識を有し,自立した研究活動を行う能力を養う。複数教員による徹底した個別指導を行う。
  • 最前線の研究に主体的に参加させることにより,課題設定の方法と観点,課題についての深い理解,解決手法を具体的に学ばせ,論文著者としてふさわしい寄与ができる能力を身に付けさせる。
  • 専用建物,研究施設による優れた研究環境を確保するとともに,リサーチ・アシスタント活動を通じて研究能力,手法を獲得させる。