大学院課程教育(修士課程,博士前期課程)に関する三つの基本方針

 鳥取大学は,教育研究理念である「知と実践の融合」のもと,学則で教育の目標を定め,これを「教育グランドデザイン」として具体化しています。そこでは,「人間力を根底においた教育」を展開することによって,「社会の中核となり得る教養豊かな人材の育成」を目指すことを宣言しています。
 こうした人間の育成を実現するため,修士課程,博士前期課程における「学位授与の方針」「教育課程編成・実施の方針」「入学者受入れの方針」を定めます。


I. ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

 鳥取大学大学院修士課程,博士前期課程では,専門的な研究能力または高度な専門的業務に従事するために必要な技能,及びその基礎となる豊かな学識を身につけた場合に,修士の学位を授与します。

II. カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 鳥取大学大学院修士課程,博士前期課程は,学位授与の方針で示す能力を身につけることができ,さらに,知と実践が融合するように体系的な教育課程の編成と研究指導を実施します。


III. アドミッション・ポリシー(入学者の受入れの方針)

  1. 鳥取大学大学院修士課程,博士前期課程では,次のような入学者を求めています。
    (1)専門分野において自ら課題を発見して解決するために必要な基礎学力を備えている人
    (2)研究に対して積極的に取り組む意欲をもっている人
    (3)高度な専門性を必要とする職業を担おうとする人
  2. こうした入学者を国内外から受け入れるために鳥取大学大学院修士課程,博士前期課程は,多様な入試方法によりその適性を確認します。

大学院課程教育(博士課程,博士後期課程)に関する三つの基本方針 

 鳥取大学は,教育研究理念である「知と実践の融合」のもと,学則で教育の目標を定め,これを「教育グランドデザイン」として具体化しています。そこでは,「人間力を根底においた教育」を展開することによって,「社会の中核となり得る教養豊かな人材の育成」を目指すことを宣言しています。
 こうした人間の育成を実現するため,博士課程,博士後期課程における「学位授与の方針」「教育課程編成・実施の方針」「入学者受入れの方針」を定めます。


I. ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

 鳥取大学大学院博士課程,博士後期課程では,研究者として自立して研究活動を遂行できる能力または高度な専門的業務に従事するために必要な技能と研究能力,及びその基礎となる豊かな学識を身につけた場合に,博士の学位を授与します。


II. カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 鳥取大学大学院博士課程,博士後期課程は,学位授与の方針で示す能力を身につけることができ,さらに,知と実践が融合するように体系的な教育課程の編成と研究指導を実施します。

III. アドミッション・ポリシー(入学者の受入れの方針)

  1. 鳥取大学大学院博士課程,博士後期課程では,次のような入学者を求めています。
    (1)専門分野において自ら課題を発見して解決するために必要な学力を備えている人
    (2)研究に対して積極的に取り組む意欲をもっている人
    (3)高度な専門性を必要とする職業を担おうとする人
  2. こうした入学者を国内外から受け入れるために鳥取大学大学院博士課程,博士後期課程は,多様な入試方法によりその適性を確認します。