地域安全工学センター概要
 本センターは、東日本大震災を受けて、本学の研究を地域社会の安全・安心と持続的発展に寄与する目的で設置したもので、防災システムの構築や防災士資格取得の支援、地域公共システムの構築・整備、交通、防災および生活に関する地域情報のシステム化などに取り組みます。

  工学部附属地域安全工学センターの概要については、こちら(PDF)をご覧ください。

             anzen_1
            開所式(平成24年4月2日.左から能勢学長、田中研究科長、松原センター長)

             anzen_2
           開所式の模様(学長挨拶、城平鳥取県危機管理局長が遠隔会議システムで参加)