「学士課程教育に関する三つの基本方針」について

鳥取大学は、教育研究理念である「知と実践の融合」のもと、学則で教育の目標を定め、これを「教育グランドデザイン」として具体化しています。
そこでは、「人間力を根底においた教育」を展開することによって、「社会の中核となり得る教養豊かな人材の育成」を目指すことを宣言しています。
こうした人間の育成を実現するため、学士課程における「学位授与の方針」「教育課程編成・実施の方針」「入学者受入れの方針」を定めています。 

三つの基本方針のうち「学位授与の方針」は、みなさんが卒業時に身に付けている知識・能力として、大学が設定しているものです。
それぞれの授業科目(全学共通科目、専門科目)を受講することによって、1~4のどの学位授与の方針に反映されるのかは、シラバスの「授業の目的と概要」欄に記載されていますので、参考としてください。

学位授与の方針

 鳥取大学は、学生が本学における学修と経験を通じて次の能力を身につけて、所定の単位を修得したときに学士の学位を授与します。

  1. 自然、社会、文化に関する幅広い知識・理解、これを土台とした特定の専門分野に関する深い知識・理解、知識獲得のための方法と技能、そしてこれらを統合した豊かな教養
  2. 現実に生起する様々な諸課題を探求し解決していくのに必要な、論理的思考力、批判的判断力、創造的表現力
  3. 現実世界に対して幅広い興味・関心を形成し、自律的・主体的・継続的に学び、自らの生活を切り開いていける生涯学習力
  4. 高い倫理観及び責任感をもち、他者との豊かなコミュニケーションを基に、協力・共同して社会的実践に参画する力  

シラバス検索画面へ