鳥取大学の目指すところ

 鳥取大学長 豊島 良太 

 

豊島学長 国立大学法人鳥取大学は昭和24年に開設され、現在、総合大学として地域学部・医学部・工学部・農学部の4学部と、修士・博士課程の大学院及び連合大学院で構成されています。
 鳥取大学は、地域の課題を地域の人々とともに考え解決し、その過程で得られた知見を普遍化して広く国際社会に発信し、世界の平和や福祉に寄与してきました。その一例として、鳥取砂丘を研究の場とした砂防造林や砂丘農業の研究を実践に繋げ、世界の乾燥地へと拡大した足跡を挙げることができます。こうした伝統を受け継ぎ、知識を深め理論を身につけ、実践を通して地域から国際社会まで広く社会に貢献する「知と実践の融合」を理念として、教育、研究及び社会貢献に取り組んでいます。
 この理念の下、鳥取大学は教育、農業、産業、医療など多くの分野で中核となる人材の養成を行い、これまでに学士49,700余名、修士9,000余名、博士3,900余名を養成し、社会へ送り出してきました。地域の「知の拠点」として、文部科学省「地(知)の拠点整備事業」及び「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業」に採択され、人口減少・少子高齢化に適応した社会づくりや県内産業の発展に資する知財・人材の提供を目指して活動しています。同時に、国際的視野を持つ人材の養成にも力を入れており、海外での実践的な語学研修プログラムを用意し、留学を推奨しています。短期語学留学だけでなく、学術交流協定校への留学や「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」などの長期留学も年々増加しています。一方、世界各国より年間約200名の留学生や研究者を受け入れています。そのほか、国際交流事業として世界31カ国、99機関と交流協定を結び、国際的研究と相互の親睦に努めるとともに日本社会のグローバル化に寄与しています。
 研究面では、世界有数の乾燥地研究センター(共同利用・共同研究拠点)、世界最大級の遺伝資源を持つ農学部附属菌類きのこ遺伝資源研究センター、創薬や再生医療分野に取り組む染色体工学研究センターなどの施設を持ち、多くの新知見を世界に発信しています。平成27年1月には国際乾燥地研究教育機構を設立し、世界の乾燥地の農業だけでなく教育、環境、産業、医療など諸問題の学際的検討のため全学的に取り組んでいます。
 このように、鳥取大学は「知と実践の融合」の理念の下に、多方面にわたって精力的な活動を行い、「知と地の拠点」として地域と世界の発展に寄与しています。
 

学長プロフィール

豊島 良太(てしま りょうた)  ※豊島の『豊』は異体字です。正式な文字はこちらです
 昭和24年1月14日生
 
 昭和48年 鳥取大学医学部卒業
   53年 鳥取大学大学院医学研究科博士課程修了(医学博士)
   53年 鳥取大学医学部附属病院 医員
   54年 鳥取大学医学部教務員
   56年   同    附属病院助手
   56年 アメリカ合衆国ハーバード医学校マサチューセッツ総合病院客員研究員(57年3月まで)
   62年 鳥取大学医学部附属病院 講師
   63年 鳥取大学医学部助教授
 平成11年   同    教授(整形外科学)
   15年   同    附属病院副病院長
   19年   同    附属病院長
   23年   同    医学部長 
   25年 鳥取大学長

 
 主な研究領域

 関節軟骨の構造と代謝,変形性関節症の発生と病態
 関節リウマチに伴う骨粗鬆症 

平成26年度入学式学長式辞(平成26年4月7日)

平成25年度卒業式学長告辞(平成26年3月18日)