国際交流

工学部における海外派遣プログラム


米国ライス大学での研究インターンシップ

<概要>
 鳥取大学工学部では、平成26年9月24日、アメリカのライス大学工学部と学術研究及び教育に関する協力と交流を目的とした協定を締結しました。
 学生の学術交流の一環として、米国ライス大学工学部の研究室の一員として,一定期間研究活動に携わる短期派遣プログラムを実施しています。
 英語は出来る方が良いですが,むしろ社交性,積極性が重要であり、やる気があれば挑戦できます。
 また、ライス大学での研究活動については、特定の分野に限らず,工学部あるいは自然科学の研究室に紹介してもらうことが可能です。研究活動に対する事前知識は必須ではなく、鳥取大学での研究活動とは異なる研究分野でもライス大学側は受け入れ可能です。

     → プログラムの詳細については こちら をクリック
     → 平成26年度の体験記は、こちら をクリック
     → 留学手続き及び費用(一例)は、こちら をクリック

【参考】
ライス大学URL http://engineering.rice.edu
 ※米国ライス大学は全米20位以内にランクされる私立大学です。
ライス大学外国人研究者用ガイドブック
 (NanoREIS: Research Experiences for International Students at Rice University)

 http://nanojapan.rice.edu/educationOutreach_nanorice_for_international_students.shtml

国際交流関連リンク