鳥取大学からのお知らせ

平成26年度メキシコ海外実践教育プログラム学内報告会を実施しました

2014年12月10日
 平成26年度メキシコ海外実践教育プログラム学内報告会を12月8日、9日に実施しました。同プログラム参加学生16名がグループに別れ、3か月間のプログラムを通して学習した6つのフィールドワークについて発表しました。
 この学内報告会は、メキシコでの講義等が英語で実施されたことから、学生たちの英語力を発揮する機会と捉え、報告プレゼンテーションはもちろんのこと、司会進行も全て学生たちの力で英語を用いて行いました。
 会場には、本プログラムに興味のある各学部の1~2年生や昨年度プログラムに参加した上級生、またメキシコからの交換留学生や教職員が訪れ、参加学生は緊張しながらも研修成果を堂々と披露しました。英語での質疑応答も活発に行われ、活気のある報告会となりました。平成27年1月24日(土曜日)には、学外向けに日本語での報告会を実施する予定です。

   

 第1回学内報告会の様子
第2回報告会
第2回学内報告会の様子