新着情報

山陰合同銀行と大学発ベンチャー等支援に関する協力協定を締結しました

2014年12月19日
 鳥取大学は、株式会社山陰合同銀行と「大学発ベンチャー等支援に関する協力協定書」を締結することに合意し、12月11日に鳥取大学医学部附属病院で調印式を執り行いました。
 この協力協定は、山陰合同銀行と連携して、本学の研究シーズの開発、大学発ベンチャー企業の設立支援や育成等を通じ、地域振興、産業活性化に一層寄与することを目指すものです。調印式には、本学から豊島学長、田中理事(研究担当)、法橋理事(地域連携担当)、北野医学部附属病院長、福本医学部長が、山陰合同銀行から久保田頭取、青山常務執行役員、今若執行役員、富田ごうぎんキャピタル代表取締役社長が出席し、豊島学長、久保田頭取が協定書に署名し、固い握手を交わしました。
 また、山陰合同銀行から大学発のベンチャービジネスを資金、経営面でサポートするために「とっとり大学発・産学連携ファンド」の設立に向けた準備が進められていることが発表されました。

握手を交わす久保田頭取(山陰合同銀行・左)、豊島学長(右)