新着情報

平成26年度科学研究業績表彰式を行いました

2015年02月27日
2月27日、鳥取キャンパスで平成26年度鳥取大学科学研究業績表彰式を行いました。

表彰式に出席した3名に学長から表彰状が授与され、 日ノ丸報恩会の中尾常務理事から副賞(日の丸報恩会奨励金)が贈呈されました。
科学研究業績表彰は、本学教員の中から、科学研究業績(権威ある学術雑誌・紀要等に掲載されるか又は著書として刊行されたもの)が特に優れていた教員を表彰するもので、昭和29年(1954年)から毎年行われています。
  

出席者記念撮影

                   出席者による記念撮影

表彰 高橋准教授来賓中尾常務理事
          表彰を受ける高橋准教授                   来賓挨拶をされる日ノ丸報恩会中尾常務理事

■今年度の表彰者と論文題目  

所属

氏名

論文題目

医学部 准教授

尾崎 充彦 

MicroRNA-143 Regulates Human Osteosarcoma  Metastasis by Regulating Matrix Metalloprotease-13 Expression
(マイクロRNA143は、マトリックスメタロプロテアーゼ13発現の調節によりヒト骨肉腫の転移を制御する)

工学研究科 准教授

高橋 健一

Protection of Personal Information based on User Preference
(ユーザプリファレンスに基づく個人情報保護)

農学部 准教授

遠藤 常嘉

Soil salinization related to soil morphological and physicochemical characteristics in the Luohui irrigation scheme, China.
(中国洛恵渠灌漑地区における土壌断面形態および理化学的特性と土壌塩類化の関係)

乾燥地研究センター 助教

岡本 昌憲

Activation of dimeric ABA receptor elicits guard cell closure, ABA-regulated gene expression and drought tolerance.
(2量型ABA受容体の活性化は、気孔の閉鎖、ABA応答性遺伝子と乾燥耐性をもたらす)