新着情報

鳥取大学の学生が、「キャラクターカレー」を共同開発

2016年02月10日

鳥取大学の学生が、泊綜合食品株式会社(鳥取市)と「キャラクターカレー」を共同開発しました。これは、同社が製造販売するラッキョウの販売拡大のため、オリジナルキャラクターを用いてPRできる商品を作ろうと、本学の学生サークル「コミックイラスト研究会」の学生に協力を依頼したことがきっかけです。
 完成した商品は、ラッキョウの甘酢漬けをセットにしたレトルトカレーで、学生たちがアイデアを出したオリジナルキャラクターが商品名と包装に取り入れられました。

 2月8日、「キャラクターカレー」の販売を記念し、コミックイラスト研究会の学生、泊綜合食品株式会社 岸田いずみ取締役を含む商品開発の関係者らが豊島学長のもとを訪れ、商品PRを兼ねた報告会が行われました。商品開発の経緯や販売戦略、今後の展望などが熱く語られたり、商品を手に持ち記念撮影をしたりなど、和やかな報告会でした。

 キャラクターカレーは、現在、鳥取県東部の道の駅や土産物店、鳥取大学生協で販売しています。今後、取扱店が拡大する予定です。

報告会の様子
報告会の様子

関係者らで記念撮影

関係者らで記念撮影