新着情報

安全保障輸出管理セミナーを開催

2016年03月24日

3月17日、鳥取大学広報センターで「安全保障輸出管理セミナー」を開催しました。

  大量破壊兵器等に関連する貨物の輸出や技術提供に関し、本学においても外国為替及び外国貿易法に基づき、安全保障輸出管理体制を整備しています。

このたび、関連する法令や制度に対する理解を深めるため、講師に一般財団法人安全保障貿易情報センター(CISTEC) 輸出管理アドバイザーの森本正崇氏をお招きし、「大学における輸出管理制度について」と題して講演いただきました。

セミナーでは安全保障輸出管理の枠組と制度の概要説明を受けた後、具体的な該否判定を行う「輸出令及び貨物等省令のマトリクス」の利用方法を学びました。また、大学に関連する輸出・技術提供についても触れていただき、参加した役員・教職員・学生ら30名が熱心に聴講しました。講演終了後には、複数の研究者との具体的な質疑応答が交わされ、意義深いセミナーとなりました。

講師の森本正崇氏