鳥取大学からのお知らせ

情報倫理に関する啓発作品コンテストを行いました

2016年10月25日

Facebook、Twitter、LINE、YouTube、ニコニコ生放送などに代表されるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が急速に普及しており、人と人との関係を容易に確立できる一方で、不適切な情報発信(発言)や著作権の侵害による問題・事件が多数発生しているため、SNSの適切な利活用の促進について啓発を図ることを目的とし、平成25年度から情報倫理に関する啓発作品コンテストを実施しています。

 今年度は、従来のポスター、4コマ漫画の啓発作品の募集に加え、新たに学習の過程を重視したプレゼンテーションによる発表作品の募集も行いました。
 学内募集の結果、多数の応募があり、審査の結果、「プレゼンテーションの部」として学長賞1点、優秀賞2点、佳作3点、「ポスター又は4コマ漫画の部の学部生・大学院生の部」として学長賞2点、優秀賞2点、「ポスター又は4コマ漫画の部の中学生の部」として学長賞1点、優秀賞1点、佳作3点を決定し、10月10日に風紋祭(鳥取大学大学祭)で表彰式を行いました。なお、今後、ポスター又は4コマ漫画の作品を学内に掲示し、SNSの適切な利活用の促進について啓発を図る予定としています。

表彰式の様子

表彰式の様子