鳥取大学からのお知らせ

鳥取(湖山)キャンパス正門前の信号方式の変更について【歩車分離式信号へ変更】

2016年12月22日

 本学鳥取(湖山)キャンパスでは、構内における学生、児童・生徒及び教職員の安全・安心な教育研究環境の整備および「地域に開かれた大学」としてのイメージアップを図るため、正門付近のメイン通路を改修するとともに、平成28年4月1日より、正門からの自動車の入構を規制しています。
 この度、正門前の信号について、より安全に歩行できるよう平成28年12月22日より「歩車分離式信号」へ変更となりましたのでお知らせします。

※【歩車分離式信号】とは
交差点において、横断中の歩行者と右左折中の車両との衝突事故を防止し、歩行者の安全を最優先に配慮するため、歩行者と車両が交錯しないように制御された信号のことです。
導入される方式は、すべての車両を停止させている間に、全ての歩行者を同時に横断させる方式で、斜め横断は含みません。

歩車分離式信号正門前