新着情報

平成28年度科学研究業績表彰状授与式を行いました

2017年02月27日
 2月27日、鳥取キャンパスで平成28年度鳥取大学科学研究業績表彰状授与式を行いました。

 表彰式に出席した4名に学長から表彰状が授与され、日ノ丸報恩会の中尾常務理事から副賞(日ノ丸報恩会奨励金)が贈呈されました。
 科学研究業績表彰は、本学教員の中から、科学研究業績(権威ある学術雑誌・紀要等に掲載されるか又は著書として刊行されたもの)が特に優れていた教員を表彰するもので、昭和29年(1954年)から毎年行われています。

■今年度の表彰者と論文題目  

所属

氏名

論文題目

地域学部 教授

小野 達也

自治体における業績測定型評価の現状と課題
-20年を経過した都道府県の取り組みの点検結果から-

医学部 准教授

木場 智史

Central command dysfunction in rats with heart failure is mediated by brain oxidative stress and normalized by exercise training
(心不全ラットでみられるセントラルコマンドの機能異常は脳内酸化ストレスが要因であり、また、運動トレーニングによって改善する)

大学院工学研究科
准教授

野上 敏材

Automated Electrochemical Assembly of the Protected Potential TMG-chitotriomycin Precursor Based on Rational Optimization of the Carbohydrate Building Block

(合理的な糖鎖ビルディングブロックの最適化に基づく保護された TMG-キトトリオマイシン前駆体候補化合物の電解自動合成)

農学部附属菌類きのこ遺伝資源研究センター 准教授

早乙女 梢

Taxonomic study of Favolus and Neofavolus gen. nov. segregated from Polyporus (Basidiomycota, Polyporales)
(Polyporus属より分離したFavolus属及び新属Neofavolus属に関する分類学的研究)

記念撮影

出席者による記念撮影
表彰状授与
表彰を受ける小野教授

来賓挨拶
来賓挨拶をされる日ノ丸報恩会中尾常務理事