新着情報

オーストラリア・アデレード大学学生研修「Gateway Japan Study Tour」の開講式を実施しました

2017年04月12日
 4月11日、鳥取大学広報センターにおいて、オーストラリア・アデレード大学の学生研修である「Gateway Japan Study Tour」の開講式を実施しました。本研修は今年で4回目となり、アデレード大学で環境政策や国際開発、言語学などを専攻している学部学生15名が参加しています。
 
 開講式では、安延久美副学長(国際交流推進担当)・国際交流センター長から「2017年『住みたい田舎No1』に選ばれた鳥取のいろいろなところを訪問し、鳥取大学学生との交流やプログラムの活動を通して持続可能な社会のあり方についてのヒントを得て下さい」と歓迎の挨拶がありました。
 
 その後参加学生の自己紹介があり、その中で「日本食を楽しみたい」、「環境科学を勉強すると共に、日本語スキルも向上させたい」といった意気込みが述べられました。
 
 本研修は4月19日まで実施され、鳥取大学、乾燥地研究センターの他、鳥取県庁、日野町、三徳山三佛寺、山陰海岸ジオパーク、島根原子力館等を訪問する予定であり、本学の学生や地域の人達との交流を図る一方、日本の伝統文化、地域の過疎問題、持続可能な社会の在り方について学びます。

開講式

安延副学長による挨拶
 アデレード大学の学生

開講式の様子
 キャンパスツアー

キャンパスツアー