新着情報

陸上競技部学生が 日本学生陸上競技個人選手権大会で6位入賞

2017年06月20日

6月10日(土曜日)にShonan BMW スタジアム平塚(神奈川県平塚市)で開催された、2017日本学生陸上競技個人選手権大会 男子400mにおいて、本学の陸上競技部に所属する池田 弘佑 君(医学部医学科4年生)が、見事、6位入賞を果たしました。

男子400mには、参加標準記録47秒60を突破している日本と台湾の学生59名がエントリーし、池田君は予選、準決勝と勝ち上がり、決勝で48秒06の記録(自己ベストは予選で記録した47秒46)により入賞しました。

池田君は、「秩父宮賜杯第70回西日本学生陸上競技対校選手権大会〔西日本インカレ〕(H29.6.30~7.2)で優勝し、天皇賜盃第86回日本学生陸上競技対校選手権大会〔全日本インカレ〕(H29.9.8~9.10)へ出場したい」と次の目標に向かって意気込んでいます。

医学部の学生として、小児科のお医者さんを目指し、勉学の疲れを陸上競技で、陸上競技の疲れを勉学によりリフレッシュしていると言い、まさしく文武両道のお手本です。
 今後の活躍がとても楽しみです。

池田君写真
賞状を掲げる池田君


〔日本学生陸上競技個人選手権大会〕
日本学生陸上競技連合が主催する、学生の個人日本一を決める陸上競技大会で、「個人と個人の勝負」、「自己の記録への挑戦」をコンセプトに毎年6月に開催されています。本大会は、昨年、男子100mで 桐生 祥秀 選手(東洋大学)が10秒01の日本学生記録を出し、今年は、多田 修平 選手(関西学院大学)が同種目 追風参考記録ながら、9秒94を出した大会として話題を呼びました。