鳥取大学からのお知らせ

海外渡航にかかる注意喚起について

2017年09月05日

                                                                                    平成29年9月4日

学生・教職員 各位

                                                                   理事(教育担当・国際交流担当)
                                                                                                中 島 廣 光
                    
                                             海外渡航にかかる注意喚起

  現在、海外で過ごしている、あるいはこれから過ごされる学生、教職員にお知らせします。
  ご存知のとおりスペイン:バルセロナの中心地の観光客でにぎわう通りで8月17日午後、ワゴン車が突然暴走し、通行人13人が死亡、100人以上が負傷する事件が発生しました。また18日にはフィンランド:トゥルク市中心部で通行人がナイフで襲われる事件により10名が死傷し、捜査当局はテロ事件として捜査しています。
  渡航先の治安状況、法律、習慣などを事前に熟知しておくことで、多くの事件・事故を防ぐことができます。さらに、「自分の身は自分で守る」ために、危険な場所には近づかない、夜間の外出や一人歩きを避けるなどの用心が大切です。また、外務省の海外安全ホームページなども参考としてください。海外安全情報において渡航国・地域の危険情報がレベル1以下の場合でも、渡航先のスポット情報・広域情報には十分注意してください。
   渡航前には「たびレジ」に登録するとともに、現地においては常にパスポート等(パスポート又はその写し、あるいは他の身分証明書)を常時携行してください。
 万が一、事件・事故などにあったら、現地の日本大使館・総領事館に相談してください。併せて鳥取大学にも必ず連絡してください。

外務省 海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html

外務省 海外安全 虎の巻
http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/tora_2017.pdf

たびレジ
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

※上記お知らせについては、こちらからもご覧頂けます。
海外渡航にかかる注意喚起.pdf