○鳥取大学医学部附属病院薬剤師実務受託研修生受入規程

平成10年3月25日

鳥取大学規則第11号

(趣旨)

第1条 この規程は,薬剤師実務受託研修生制度実施要項(平成10年1月13日文部省高等教育局長決裁)に基づき,薬剤師実務受託研修生(以下「研修生」という。)を鳥取大学医学部附属病院(以下「附属病院」という。)に受け入れる場合の取扱いについて,必要な事項を定めるものとする。

(申請及び許可)

第2条 鳥取大学医学部附属病院長(以下「附属病院長」という。)は,財団法人日本薬剤師研修センター(以下「研修センター」という。)の長から研修生の受入れ申請があったときは,附属病院の業務に支障のない範囲において,受入れを許可するものとする。

(研修期間)

第3条 研修の期間は,2か月及び10か月とし,受入れを開始する日の属する会計年度を超えることはできない。

(研修方法等)

第4条 附属病院長は,受入れを許可された研修生に対し,研修センターが定める「薬剤師実務研修プログラム」を踏まえ,薬剤師実務研修実施計画を策定し,実施するものとする。

(研修料及び徴収方法)

第5条 研修生の受入れを許可したときは,研修料を研修センターから直ちに徴収するものとする。

2 研修生の研修料は,次の表に定める額とする。

研修期間

研修料

2か月

60,800円

10か月

304,000円

3 既納の研修料は,還付しない。

(補則)

第6条 この規程に定めるもののほか,研修生の取扱いに関し必要な事項は,附属病院長が定める。

附 則

この規程は,平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成12年3月17日鳥取大学規則第32号)

この規程は,平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月24日鳥取大学規則第34号)

この規程は,平成22年3月24日から施行する。

鳥取大学医学部附属病院薬剤師実務受託研修生受入規程

平成10年3月25日 規則第11号

(平成22年3月24日施行)

体系情報
第12章 附属病院
沿革情報
平成10年3月25日 規則第11号
平成12年3月17日 規則第32号
平成22年3月24日 規則第34号