○鳥取大学遺伝子組換え実験専門委員会細則

平成22年11月4日

鳥取大学規則第112号

(趣旨)

第1条 この細則は,鳥取大学遺伝子組換え実験安全管理規程(平成16年鳥取大学規則第170号。以下「規程」という。)第8条第5項の規定に基づき,鳥取大学遺伝子組換え実験安全委員会(以下「安全委員会」という。)の下に置く鳥取大学遺伝子組換え実験専門委員会(以下「専門委員会」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(委員会の種類)

第2条 専門委員会の種類は,遺伝子組換え実験の対象となる生物等の区分に応じ,次に掲げるとおりとする。

 微生物専門委員会

 動物専門委員会

 植物専門委員会

2 各専門委員会は,必要に応じ,個別の事項について検討するための部会を置くことができる。

(任務)

第3条 専門委員会の任務は,次に掲げるとおりとする。

 規程第12条に定める実験計画に係る安全委員会の審査に先立ち,予備調査を行うとともに,その結果に基づき安全委員会に対し助言を行うこと。

 その他安全委員会の役割を補佐すること。

(組織)

第4条 各専門委員会は,次に掲げる委員をもって組織する。

 安全委員会委員長が指名する安全委員会委員 1人

 専門委員会委員長が指名する教員 若干人

(委員長)

第5条 各専門委員会に委員長を置き,前条第1号の委員をもって充てる。

2 委員長は,専門委員会を招集し,その議長となるとともに,専門委員会を総括する。

3 委員長に事故があるときは,委員長があらかじめ指名した委員がその職務を代理する。

(会議)

第6条 専門委員会は,委員の過半数の出席をもって開くものとする。

2 専門委員会の議事は,出席委員の過半数の同意をもって決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。

(委員以外の者の出席)

第7条 専門委員会が必要と認めたときは,委員以外の者の出席を求め,説明又はその意見を聴くことができる。

(事務)

第8条 専門委員会の事務は,研究推進部研究推進課において処理する。

(雑則)

第9条 この細則に定めるもののほか,専門委員会の運営等に関し必要な事項は,安全委員会の議を経て,安全委員会委員長が定める。

附 則

この細則は,平成22年11月4日から施行する。

附 則(平成23年6月10日鳥取大学規則第57号)

この細則は,平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月31日鳥取大学規則第46号)

この細則は,平成29年4月1日から施行する。

鳥取大学遺伝子組換え実験専門委員会細則

平成22年11月4日 規則第112号

(平成29年4月1日施行)