○鳥取大学生命機能研究支援センター遺伝子改変マウス作製等受託規則

平成25年11月13日

鳥取大学規則第82号

(目的)

第1条 この規則は,他大学等(民間等外部の機関を含む。)からの依頼により鳥取大学生命機能研究支援センター(以下「センター」という。)が行う遺伝子改変マウスの作製等(以下「受託作製等」という。)について定め,広くセンターの技術を提供することを目的とする。

(受託の原則)

第2条 センターにおいて受託する作製等は,教育研究上有意義であり,かつ,センターの業務に支障のない場合に限り,これを受託することができる。

(受託作製等)

第3条 センターにおいて受託する作製等は,次のとおりとする。

(1) 提供されたES細胞を用いて行うキメラマウスの作製等

(2) 提供された標的遺伝子組換え用ベクターを用いて行う変異ES細胞の作製等

(3) 提供された標的遺伝子組換え用ベクターを用いて行う変異ES細胞の作製等及び作製した変異ES細胞を用いて行うキメラマウスの作製等

(受託作製等の申込み)

第4条 作製等を委託しようとする者(以下「委託者」という。)は,所定の申込書を生命機能研究支援センター長(以下「センター長」という。)に提出して,その承諾を受けなければならない。

2 センター長は,受託を決定したときは,その旨を所定の承諾書により委託者に通知するものとする。

(料金)

第5条 受託にあたって,委託者が負担する額は,消耗品等の当該受託作製等の遂行に直接必要となる経費(以下「直接経費」という。)に相当する額及び当該受託作製等の遂行に関連し,直接経費以外に必要となる経費(以下「間接経費」という。)の合算額とし,センター長が別に定める。

(料金の納入)

第6条 委託者は,前条の料金を前納しなければならない。ただし,委託者が国,地方公共団体,特殊法人,公益法人,国立大学法人,独立行政法人及びその他センター長が特別の事由があると認めた者である場合に限り,受託作製等完了後に納付することができるものとする。

2 既納の料金は,返還しない。

(供給)

第7条 センター長は,遺伝子改変マウス等の作製が完了したときは,所定の送付書を付して,委託者に送付するものとする。

2 センター長は,遺伝子改変マウス等を送付した後,委託者から所定の受領書を徴するものとする。

(受託作製等期間)

第8条 受託作製等の開始日は,第4条第2項に定める承諾書の通知日とし,完了日は,前条第2項に定める受領書の受領日とする。

2 別表に定める区分毎に受託作製等期間の上限を定め,この期間内に受託作製等を完了するものとする。

(受託作製等の中止又は期間の延長)

第9条 やむを得ない事由により受託作製等を中止し,又はその期間を延長する場合,本学は,その責めを負わないものとし,この場合,センター長は,委託者にその事由を書面により通知するものとする。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか,受託作製等に関し必要な事項は,センター長が別に定める。

附 則

この規則は,平成25年11月13日から施行する。

別表(第8条関係)

区分

単位

受託作製等期間

提供された変異ES細胞を用いて行うキメラマウスの作製等

1件

180日

提供された標的遺伝子組換え用ベクターを用いて行う変異ES細胞の作製等

1件

180日

提供された標的遺伝子組換え用ベクターを用いて行う変異ES細胞の作製等及び作製した変異ES細胞を用いて行うキメラマウスの作製等

1件

360日

鳥取大学生命機能研究支援センター遺伝子改変マウス作製等受託規則

平成25年11月13日 規則第82号

(平成25年11月13日施行)