○鳥取大学医学部調査解剖受託規則

平成26年6月26日

鳥取大学規則第55号

(趣旨)

第1条 警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律(平成24年法律第34号)に基づき鳥取大学医学部(以下「医学部」という。)において実施する解剖(以下「調査解剖」という。)の受託については,この規則の定めるところによる。

(受託の原則)

第2条 調査解剖は,教育研究上有意義であり,かつ,本来の教育研究に支障を生じるおそれがないと認められる場合に限り,これを受託することができる。

(調査解剖の委託)

第3条 調査解剖を委託しようとする者(以下「委託者」という。)は,別紙様式第1号「調査解剖委託書」及び別紙様式第2号「検査依頼書」を鳥取大学医学部長(以下「受託者」という。)に提出しなければならない。

(鑑定人への通知)

第4条 受託者は,調査解剖を受託したときは,鑑定に当たる医学部医学科社会医学講座法医学分野の職員(以下「鑑定人」という。)に通知するものとする。

(調査解剖の実施及び結果報告)

第5条 鑑定人は,受託者から調査解剖を受託した旨の通知を受けたときは,調査解剖を実施し,その結果を受託者に報告するものとする。

2 受託者は,鑑定人の報告を受けて,委託者に別紙様式第3号「調査解剖実施報告書」及び別紙様式第4号「検査結果報告書」により報告するものとする。

(調査解剖に係る経費の納付)

第6条 調査解剖に係る経費は,別表のとおり定める。

2 委託者は,調査解剖結果の報告を受けたときは,国立大学法人鳥取大学長が発行する請求書により調査解剖に係る経費を納付しなければならない。

3 既納の経費は返還しないものとする。

4 受託者は,特に教育研究上必要があると認めたときは,その経費を徴収しないことができるものとする。

(雑則)

第7条 この規則に定めるもののほか,調査解剖の取扱いに関し必要な事項は,委託者と協議して定めるものとする。

附 則

この規則は,平成26年7月1日から施行する。

附 則(平成27年3月11日鳥取大学規則第15号)

この規則は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成27年10月30日鳥取大学規則第99号)

この規則は,平成27年11月1日から施行する。

別表(第6条関係)

解剖執刀料及び各種検査に要する経費の単価

項目

数量

単価

解剖執刀料

1剖検体

51,420円

検査料

 

 

1 血液生化学検査

1剖検体

基本料

10,000円

1検査項目

1,000円

2 組織学的検査

1試料

5,140円

3 DNA型検査

1剖検体

102,850円

4 アルコール検査

1試料

5,140円

5 細菌検査

1剖検体

20,570円

6 ウイルス検査

1剖検体

20,570円

7 一酸化炭素検査

1試料

5,140円

8 プランクトン検査

1臓器

5,140円

9 薬毒物定量検査

1試料

10,280円

10 薬毒物定性検査

1剖検体

20,570円

11 薬毒物定性検査(分析機器検査)

1剖検体

82,280円

12 精液検査

1剖検体

5,140円

13 薬物検査(簡易薬物検査)

1試料

5,000円

1 消費税及び地方消費税を含む。

2 検査料は,司法解剖に伴う経費の取扱いについて(平成21年3月31日20高医教第35号文部科学省高等教育局医学教育課長通知)の定めに準ずる。

画像

画像

画像

画像

鳥取大学医学部調査解剖受託規則

平成26年6月26日 規則第55号

(平成27年11月1日施行)