○鳥取大学国際乾燥地研究教育機構規則

平成26年12月16日

鳥取大学規則第88号

(趣旨)

第1条 この規則は,鳥取大学の管理運営に関する規則(平成16年鳥取大学規則第57号)第29条第6項の規定に基づき,鳥取大学国際乾燥地研究教育機構(以下「機構」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(目的)

第2条 機構は,鳥取大学(以下「本学」という。)における全学の研究力,教育力を集結し,乾燥地や開発途上国等に関する研究,教育及び社会貢献を推進し,本学の研究及び教育の基盤強化を図ることを目的とする。

(業務)

第3条 機構は,次に掲げる業務を行う。

 乾燥地,開発途上国等に関わる研究及び教育の企画・実施に関すること。

 国内外の教育研究機関及び企業等との連携に関すること。

 国際的な教育及び研修プログラムの企画・実施に関すること。

 その他前条の目的を達成するために必要なこと。

(職員)

第4条 機構に,次の職員を置く。

 機構長

 副機構長

 専任教員

 兼務教員

 その他職員

(機構長)

第5条 機構長は,学長をもって充てる。

2 機構長は,機構の業務を総括する。

(副機構長)

第6条 副機構長は,学長が指名する理事又は副学長をもって充てる。

2 副機構長は,機構長を補佐する。

(専任教員)

第7条 専任教員は,機構の業務を処理する。

2 専任教員の選考は,鳥取大学教員選考基準(昭和31年鳥取大学規則第7号)及び鳥取大学教員選考に関する基本方針(平成14年4月4日評議会承認)によるほか,運営委員会の議を経て,学長が行う。

(兼務教員)

第8条 兼務教員は,機構の業務を処理する。

2 兼務教員は,本学の専任教員のうちから,学長が命ずる。

3 兼務教員の任期は,2年とし,再任されることができる。ただし,当該兼務教員を命じた学長の任期の範囲内とする。

(運営委員会)

第9条 機構に,運営委員会を置く。

第10条 運営委員会は,次に掲げる事項を審議する。

 機構の管理運営及び業務の基本方針に関すること。

 専任教員の採用に関すること。

 予算及び決算に関すること。

 その他機構の運営に関すること。

第11条 運営委員会は,次に掲げる者をもって組織する。

 機構長

 副機構長

 各理事

 各学部長(工学部長を除く。)

 工学研究科長

 推進室長

 その他委員長が必要と認めた者

2 前項第7号の委員の任期は,その都度定める。

第12条 運営委員会に委員長を置き,機構長をもって充てる。

2 委員長は,運営委員会を招集し,その議長となる。

3 委員長に事故があるときは,委員長があらかじめ指定した者がその職務を代理する。

第13条 運営委員会は,委員の過半数の出席をもって開くものとする。

2 運営委員会の議事は,出席した委員の過半数をもって決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。

第14条 委員長が必要と認めたときは,委員以外の者を出席させ,その意見を聴くことができる。

(運営協議会)

第15条 機構に,学外有識者を含む運営協議会を置く。

2 運営協議会に関する事項は,別に定める。

(推進室)

第16条 機構に,機構の研究・教育・社会貢献活動等の推進及び統括を行うため,推進室を置く。

2 推進室に室長を置く。

3 その他推進室に関する事項は,別に定める。

(事務)

第17条 機構の事務は,研究推進部において処理する。

(雑則)

第18条 この規則に定めるもののほか,機構の運営に関し必要な事項は,運営委員会の議を経て,機構長が定める。

附 則

1 この規則は,平成27年1月1日から施行する。

2 この規則施行後の最初の兼務教員の任期は,第8条第3項の規定にかかわらず,平成29年3月31日までとする。

附 則(平成27年3月24日鳥取大学規則第28号)

この規則は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月31日鳥取大学規則第46号)

この規則は,平成29年4月1日から施行する。

鳥取大学国際乾燥地研究教育機構規則

平成26年12月16日 規則第88号

(平成29年4月1日施行)