○鳥取大学における研究活動の不正行為の防止等に関する細則

平成27年9月9日

鳥取大学規則第85号

(趣旨)

第1条 この細則は,鳥取大学における研究活動の不正行為の防止等に関する規則(平成19年鳥取大学規則第27号。以下「規則」という。)第4条第4項に規定する研究倫理教育の実施及び規則第6条第2項の規定により部局等において定める研究者等の研究データ等の保存期間に関し必要な事項を定めるものとする。

(研究倫理教育)

第2条 研究者等(規則第2条第4項に規定する「研究者等」をいう。)は,規則第4条第4項による研究倫理教育(以下「研究倫理教育」という。)を受講しなければならない。

2 研究倫理教育責任者は,既に研究倫理教育を受講している当該部局等の研究者等について,直前の受講した年度を含む5年度を経過しない期間は,受講を免除することができる。

(研究データの保存期間)

第3条 部局等の長は,規則第6条第2項により研究データ等の保存期間を定める場合は,次の各号によるものとする。

 資料(文書,数値データ,画像) 当該論文等の発表後10年間

 試料(実験試料,標本),装置 当該論文等の発表後5年間

2 前項のほか,部局等の長は,別に学長が定めるガイドライン等を踏まえるものとする。

(この細則により難い場合の措置)

第4条 この細則の規定により難い特別の事情があるときは,部局等の長は,あらかじめ学長の承認を得て,別段の取扱いをすることができる。

(雑則)

第5条 この細則に定めのない事項については,別に定める。

附 則

この細則は,平成27年9月9日から施行する。

鳥取大学における研究活動の不正行為の防止等に関する細則

平成27年9月9日 規則第85号

(平成27年9月9日施行)