○鳥取大学教育支援委員会に設置する専門委員会に関する細則

平成29年6月13日

鳥取大学規則第52号

(設置)

第1条 鳥取大学教育支援委員会規則(平成16年鳥取大学規則第74号)第7条第1項の規定に基づき,次に掲げる専門委員会を置く。

 教育に関する自己点検・評価等専門委員会

 教員免許状更新講習専門委員会

(教育に関する自己点検・評価等専門委員会)

第2条 教育に関する自己点検・評価等専門委員会(以下「自己点検・評価等委員会」という。)は,教育に関する次に掲げる事項を審議する。

 自己点検・評価方法の設計に関すること。

 各学部・研究科における自己点検・評価結果の把握,情報共有に関すること。

 自己点検・評価結果の活用方策に関すること。

2 自己点検・評価等委員会は,次に掲げる者をもって組織する。

 教育センター長

 各学部(工学部を除く。)の副学部長(教務担当)

 工学研究科副研究科長(教務担当)

 教育センターから選出された教員 2名

 学生部教育支援課長

 その他専門委員会委員長が必要と認めた者

3 前項第4号の委員の任期は,2年とし,再任を妨げない。ただし,欠員が生じた場合の後任の委員の任期は,前任者の残任期間とする。

4 第2項第6号の委員の任期は,専門委員会委員長がその都度定める。

5 自己点検・評価等委員会に専門委員会委員長を置き,教育センター長をもって充てる。

6 自己点検・評価等委員会は,委員の過半数の出席をもって開くものとする。

7 自己点検・評価等委員会の議事は,出席した委員の過半数をもって決し,可否同数のときは,専門委員会委員長の決するところによる。

(教員免許状更新講習専門委員会)

第3条 教員免許状更新講習専門委員会(以下「教免更新講習委員会」という。)は,次に掲げる事項を審議する。

 教員免許状更新講習の実施に関すること。

 その他教員免許状更新講習に関すること。

2 教免更新講習委員会は,次に掲げる者をもって組織する。

 教員養成センター長

 各学部(工学部を除く。)の副学部長(教務担当)

 工学研究科副研究科長(教務担当)

 地域学部地域学科から選出された教授又は准教授(人間形成コースを担当する者に限る。) 1名

 教員養成センターから選出された教員(兼務教員を含む。)2名

 学生部教育支援課長

 その他専門委員会委員長が必要と認めた者

3 前項第4号及び第5号の委員の任期は,2年とし,再任を妨げない。ただし,欠員が生じた場合の後任の委員の任期は,前任者の残任期間とする。

4 第2項第7号の委員の任期は,専門委員会委員長がその都度定める。

5 教免更新講習委員会に専門委員会委員長を置き,教員養成センター長をもって充てる。

6 教免更新講習委員会は,委員の過半数の出席をもって開くものとする。

7 教免更新講習委員会の議事は,出席した委員の過半数をもって決し,可否同数のときは,専門委員会委員長の決するところによる。

(事務)

第4条 専門委員会の事務は,学生部教育支援課において処理する。

(雑則)

第5条 この細則に定めるもののほか,専門委員会の運営に関し必要な事項は,専門委員会の議を経て,専門委員会委員長が別に定める。

附 則

1 この細則は,平成29年6月13日から施行する。

2 この細則施行の際現にこの細則による改正前の鳥取大学教員免許状更新講習専門委員会細則の規定に基づき任命されている教免更新講習委員会委員の任期については,なお従前の例による。

3 この細則施行による最初の自己点検・評価等委員会の第2条第2項第4号の委員の任期は,同条第3項の規定にかかわらず,平成31年3月31日までとする。

鳥取大学教育支援委員会に設置する専門委員会に関する細則

平成29年6月13日 規則第52号

(平成29年6月13日施行)