研究者支援イメージ画像

研究者支援制度とは、出産、育児および介護など、ライフイベントにより研究活動を行う時間の確保が困難な研究者に研究支援員を配置することで、研究者のキャリアの形成および継続を支援するものです。




研究支援員制度利用者募集について

 

令和3年度の募集は終了しました。

個別にダイバーシティキャンパス推進室へご相談ください。

 

1.研究支援員制度とは

出産・育児および介護などにより研究活動を行う時間の確保が困難な研究者に研究支援員を配置することで、研究者のキャリア形成及び継続を支援する制度です。

利用を希望する方は、制度の内容及び申請手続きの詳細を募集要項(PDFファイル)で確認のうえ応募してください。


2.支援対象者および申請資格

本学の研究者(教員・特命教員・特任教員・研究員・プロジェクト研究員)のうち、次の(1)・(2)のすべてを満たす者。

  • (1)研究支援員制度を利用した期間の合算期間(以下「合算利用期間」)が3年以内の者
            ※令和2年度までの合算利用期間が既に2年以上である者については、合算利用期間を2年として      
  •     カウントする(令和3年度以降について、1年間に限り、本制度を利用可能)
  • (2)次のいずれかに該当することにより研究活動を行う時間の確保が困難である者
  •         1. 配偶者が就労している又は配偶者がいない場合であって、
  •             (イ)妊娠中又は小学校6年生までの子と同居し主に養育している者(産前・産後の特別休暇,育
  •       児休などにより研究活動を中断している者を除く。)
  •             ()要介護の認定(又は同等する認定)を受けている親族と同居し主に介護している者

            2. 上記1に準ずる理由がある者 ※申請書に基づき推進室において個別に判断

3.応募の方法

こちらから申請書をダウンロードし、必要な書類を添付のうえ、ダイバーシティキャンパス推進室に持参または学内便で提出してください。記載要領はコチラ
※過去の書類の流用、書類不備や書類不足が目立ちますので、十分確認をお願いします。

◎報告書もダウンロードできます。
 (本制度を利用した研究者には、支援期間終了後に報告書を提出していただきます)
  コチラ (別紙様式2-1)


4.支援業務

研究支援員は、アルバイトとして雇用された方です。実験や調査の補助、データ分析・解析の補助など研究活動上必要な補助業務に従事します。データ入力が得意な支援員、実験や調査に必要な技術を修得した上で実験や調査を補助する支援員など、それぞれの研究者が最も必要としている支援を受けることができます。


5.採択件数及び支援期間

採択件数は、予算の範囲内で決定します。 令和3年度募集の支援期間は、令和3年4月1日以降できるだけ早い時期~翌年3月31日までの間で希望する期間です。

注)研究支援員の雇用手続の状況により支援開始時期は4月2日以降になる場合があります。


6.令和3年度研究支援員制度利用者の募集期間

令和3年2月1日(月)~ 令和3年2月15日(月)

ページトップに戻る

ロゴ画像
鳥取大学ダイバーシティキャンパス推進室

〒680-8550 鳥取市湖山町南4丁目101
TEL:0857-31-5769
FAX:0857-31-5797
MAIL:diversity◆ml.adm.tottori-u.ac.jp(送信時は◆を@に)