日本学生支援機構(貸与型)

 日本学生支援機構は、教育の機会均等に寄与するために学資の貸与その他学生の修学の援助を行い、大学等が学生等に対して行う修学、進路選択その他の事項に関する相談及び指導等について支援などを行います。
 日本学生支援機構HP外部サイトへのリンク

 

「大学等における修学の支援に関する法律」に基づく授業料及び入学料の減免および給付奨学金についてはこちら。

 → 高等教育の修学支援新制度(学部生)外部サイトへのリンク

 

 

【お知らせ】(4月4日更新)          学部生向け:【学】 大学院生向け:【院】

・【院】大学院生向けの4月からの奨学金(在学採用)の申込みについて掲載しました。詳細はこちら(4/4)

・【院】大学院予約 採用候補者の方へ進学届の入力について案内メールを送信しました。

    確認ができない方は奨学係までご連絡ください。(3/24)

・【学】学部生向けの4月からの奨学金(在学採用)の申込みについて掲載しました。詳細はこちら(3/18)

・【学】高校で予約採用を申し込んだ新入生の手続きについて掲載しました。詳細はこちら(2/24)

・【学・院】奨学金貸与終了後も在学する場合は在学猶予の申請ができます。詳細はこちら(2/24)


 

奨学金の種類と貸与月額 (2018年度以降入学者の場合)

種別

区分

貸与月額

第一種奨学金
【無利子貸与】

学部 ※1

20,000円、30,000円 または 自宅通学45,000円,自宅外通学40,000円・51,000円

大学院

修士課程50,000円または88,000円,博士課程80,000円または122,000円

第二種奨学金
【有利子貸与※2】

学部

20,000円 ~ 120,000円(1万円単位)の中から選択

大学院

50,000円,80,000円,100,000円,130,000円 ,150,000円の中から選択

入学時特別増額貸与奨学金 ※3

【有利子貸与】

学部

100,000円,200,000円,300,000円,400,000円,500,000円の中から選択(貸与は入学時の1回のみ)

大学院

※1 給付奨学金と併用する場合、第一種奨学金の貸与月額が減額されることがあります。

※2 在学期間中は無利子とし、卒業後は元本に利息を付けて返還することになります。(年利上限3%)

※3 日本政策金融公庫の「国の教育ローン」の融資申込を条件として増額して貸与される一時金

採用の種類と時期

種別 実施時期
在学採用 4月に実施(年1回)
緊急採用外部サイトへのリンク 随時

(家計を支えている者の失職・破産・会社の倒産・病気・死亡等又は火災・風水被害・震災等による災害により、家計が急変し学費等に困った場合)

応急採用外部サイトへのリンク


奨学金の募集と採用 4月

予約採用(学部)

 高校在学時に大学へ入学することを条件に、奨学生採用候補者となっている場合は、入学後速やかに「進学届」の手続を行ってください。手続を行わない場合は、採用候補者の資格を失いますので注意してください。 
   学部新入生/JASSO採用候補者のみなさんへ外部サイトへのリンク2022.2更新

在学採用

 学部学生・大学院生の定期採用(在学採用)については、4月中旬に募集を実施します。募集開始の案内は、本学ホームページ及び学生生活課の掲示板でお知らせします。

   学部生向け・JASSO奨学金 在学採用申込について外部サイトへのリンク2022.3更新

   大学院生向け・JASSO奨学金 在学採用申込について 2022.4更新

 

 ※日本学生支援機構作成のガイダンス動画(奨学金を希望する皆さんへ【約30分】)

  奨学金を希望する皆さんへ(動画)リンク(2020.3.27更新)外部サイトへのリンク または 日本学生支援機構 動画掲載HP外部サイトへのリンク

 

奨学金の初回交付 4月・5月または7月

 奨学金の交付は、機構に届け出た奨学生名義の預金口座へ、毎月11日(4・5月分は4月21日・5月16日、土日祝は前営業日)に振り込まれます。
 卒業年度(貸与終了となる年度)の3月分は、2月分と合わせて2月に振り込まれます。

返還誓約書の提出 5月以降

 採用となった奨学生は日本学生支援機構に「返還誓約書」を提出しなければなりません。
 採用決定(初回振込)後に「奨学生証」と併せて配付しますので、連帯保証人・親権者等の署名・押印の上、提出してください。
  
 JASSO貸与奨学金 返還誓約書の提出について外部サイトへのリンク  

 
 ※日本学生支援機構作成のガイダンス動画(奨学生となった皆さんへ【約23分】)
  奨学生となった皆さんへ(動画)リンク(2020.5.12更新)外部サイトへのリンク または 日本学生支援機構 動画掲載HP外部サイトへのリンク


奨学生の資格継続(適格認定) 12月

 機構奨学生は全員(卒業・修了予定者は除く)、毎年12月~1月頃にインターネットで奨学金継続のための手続きをしなければなりません。家計状況・学業成績等を総合的に審査して、継続の可否を判断します。

 なお、期限内に手続きをしない場合は、奨学金の交付が打ち切られますので注意してください。

   JASSO奨学生のみなさんへ(継続手続き) 2021.12更新

 

奨学生の異動に伴う奨学金の停止等

 休学、長期欠席、留学、退学、奨学金の辞退、改氏名、連帯保証人(学資負担者)の変更、転居などの異動があった場合には、所定の様式で機構に届け出なければなりませんので、速やかに申し出てください。

奨学金の返還

 奨学金は、貸与期間満了後は返還しなければなりません。奨学金は、奨学生であった者からの返還金を財源として運営されており、今後も後輩学生のために貸与されます。
 ※日本学生支援機構作成のガイダンス動画(返還を始める皆さんへ【約30分】)
   返還を始める皆さんへ(動画)リンク(2018年10月版)外部サイトへのリンク  または 日本学生支援機構 動画掲載HP外部サイトへのリンク

 

大学院進学予定者 予約採用

 本学の大学院に進学を予定している学部4年生、修士(博士前期)課程2年生を対象に、9月下旬頃より募集を開始します。

   大学院/JASSO奨学金を希望する大学院進学予定のみなさんへ 2021.9更新
 

 

奨学金の返還猶予等

 在学猶予
 高校・大学在学中に機構の奨学生であった者は、大学・大学院在学中の返還猶予を受けるため、大学・大学院入学後速やかにスカラネット・パーソナルで在学猶予願を入力してください。この手続きを怠ると、在学中であっても奨学金を返還しなければなりません。

   機構奨学金の貸与終了後も引き続き在学する学生のみなさんへ 2021.12更新

  減額返還・返還期限猶予
 返還期間中に経済困難、失業、傷病、災害など返還できない事情が生じた場合、返還月額の減額または返還期限の猶予を願い出ることができます。また、 第一種奨学金の貸与者で、家計状況が特に厳しい低所得世帯の者は、一定の収入を得るまでの間、返還期限の猶予を願い出ることができる制度もあります(猶予年限特例)。

 特に優れた業績による返還免除
 大学院において第一種奨学金の貸与を受けた学生であって、在学中に特に優れた業績をあげた者には、奨学金の全部または一部の返還が免除されます。

 

お問い合わせ

 学生部学生生活課奨学係  TEL 0857-31-5059・6776
  メールアドレス:st-syougaku(a)ml.adm.tottori-u.ac.jp
          (a)は@に変えて送信してください。
 (米子は米子地区事務部学務課学生係)