本学においては,エンロールメント・マネジメントを「学生に対する支援諸活動を総合的にマネジメントすること」と定義しています。具体的には,学生に関わる様々なデータを一元的に取り扱えるように収集し,分析や可視化を通じて学生指導やカリキュラムの改善などに活用する,学修者本位の学びをサポートするしくみになります。

 高等教育開発センターでは,本学に適したエンロールメント・マネジメントを実施するためのしくみを構築し,教学データの蓄積を進めています。ここでいう教学データとは、各学生の入試・入学データにはじまり,正課および課外活動を含む卒業までの学修成果,さらに卒業後の活躍までを網羅するものとなります。これにより,本学で学ぶ学生への教育の質を高めるだけでなく,本学の将来計画や様々な提案の有効性を定量的に評価して発信し,本学を取り巻くコミュニティと協働した大学運営の基礎とすることが期待されます。