お知らせ

鳥取大学発ベンチャー「ファインドパース株式会社」認定式を行いました

2013年09月05日

鳥取大学発ベンチャー「ファインドパース株式会社」認定式を行いました 

 9月4日に鳥取大学広報センターで鳥取大学発「ファインドパース株式会社」認定式を行いました。ファインドパース株式会社は7月31日に本学で10社目となる大学発ベンチャーとして認定を受けており、代表取締役CEOを大学院生の新垣久史氏が、取締役を大学院工学研究科 石井晃教授が務めます。
 ファインドパース株式会社は石井教授が研究している「ヒット現象の数理モデル」を利用したサービスを提供します。 このモデルを利用すると、企業から発信される広告宣伝の効果や、クチコミやうわさといった客同士のコミュニケーションの影響を計算し、個人の購買意欲について実態に近い予測を導き出せます。しかし、このモデルはデータの分析・評価に役立ちますが、専門家でなければなかなか扱えないというデメリットがあります。そこで、ファインドパース株式会社では、このモデルのデメリットを克服し、ユーザーのニーズに応えたアプリケーションを作成するなど、さまざまなサービスを提供します。
 式では、豊島学長が「本学の研究成果によるこの事業が、独創的なサービスとして社会で必要とされ、御社が益々発展されることを期待する」と激励し、新垣代表取締役CEOに称号記を授与しました。



                      称号記授与(右が学長、左が新垣氏)


                    事業内容紹介(手前が石井教授、奥が新垣氏)