鳥取大学からのお知らせ

平成30年度後期分授業料免除の継続申請について

2018年08月21日

継続申請が可能な方

 ・平成30年度前期に授業料免除申請をした方(私費外国人留学生を除く。)
 ※前期授業料免除をした方で、前期から家族状況や家計状況等に変更がある場合、
  また長期療養者がいる場合、証明書類を提出することで継続申請可能です。
 
   ※前期に授業料免除申請をしていない方、私費外国人留学生は、通常の申請を行ってください。

申請方法

 下記期間内に学務支援システムで申請し、提出期限までに「授業料免除継続申請申出書(様式 授-14)」等を提出してください。
 ※前期申請時から家計状況等に変更がある場合、長期療養者がいる場合は、「変更点等を証明する書類」を
  添付してください。

申請期間

  7月25日(水)~8月31日(金)

   ※学務支援システムで各自申請してください。

提出書類

 1.授業料免除継続申請申出書(様式 授-14)(PDF形式)(裏面も印刷してください)
   ※保証人の方の署名が必要です。

   2.授業料免除継続申請チェックシート (PDF形式)
   ※必ず内容を確認した上で、提出してください。
 
 3.変更点等を証明する書類(前期申請時と変更がない場合は不要)
   ※チェックシートで必要な書類を確認して、提出してください。

 〔家計状況等の変更点の具体例〕

  ・同一世帯人数、同居・別居の状況が変わった

  ・本人及び同一世帯員の就職、転職、退職、雇用形態等の変更による収入額の増減
  ・父母、またはそれに代わる家計支持者の市町村民税所得割額が非課税になった
  ・年金、雇用保険、生活保護手当、児童扶養手当等の支給状況が変わった

  ・臨時的所得(退職金、生命保険等)の発生
  ・兄弟等の就学状況(入学、退学、卒業等)が変わった
  ・障がい者の有無の状況が変わった
  ・家計支持者が風水害等の災害にあったことによる支出増、生産減

提出期限

  9月14日(金)

提出場所

  鳥取地区 : 学生部学生生活課奨学係(共通教育棟B棟1階)

  米子地区 : 米子地区事務部学務課学生係(総合教育棟1階)

(注意事項)

  • 免除の選考は、前期と後期にそれぞれ個別に実施し、その期の全体の申請状況に応じて判定しますので、前期分の結果がそのまま後期分に適用されるとは限りません。
  • 本申出書に虚偽の事実が判明した場合は、免除実施後であっても免除の許可を取り消し、授業料を納付していただきます。
  • 学力の判定にGPA値を用いる学生について、今回の選考で使用するGPA値は、2017年度後期までの成績で、7月20日に出力された値とします。

                         (問い合わせ先)
                          鳥取地区 学生部学生生活課奨学係
                          (組織再編により課名が変わりました)
                               TEL:0857-31-6776・5059
                          米子地区 米子地区事務部学務課学生係
                               TEL:0859-38-7100