新着情報

新倉健名誉教授が平成29年鳥取県文化功労賞を受賞

2017年12月06日

 新倉健名誉教授(元鳥取大学地域学部教授)が、平成29年度鳥取県文化功労賞を受賞されました。

功績の概要

 作曲家として多くの作品を国内外で発表する傍ら、地元音楽団体のために多くの曲や編曲等を手がけ、県立高等学校の校歌等も作曲。また、昭和56年4月に鳥取大学に着任以来、教育者として多くの音楽分野の人材を育成する一方、オーケストラの指揮、地元合唱団等の指導、演奏会の企画・運営等を通じて鳥取県の音楽活動に積極的に参加し、地元の音楽団体を育成し支えとなるとともに精力的な創作活動を通じた音楽振興の推進に貢献している。さらに、鳥取県での国民文化祭では、オペラ「ポラーノの広場」を作曲、また、当国民文化祭の委員や委員長等の要職を歴任するほか、鳥取県文化財団の理事長を歴任。

受賞記念公演

【鳥取】
日時:平成30年3月17日(土曜日)15時から17時
場所:鳥取市文化ホール(鳥取市吉方温泉3丁目701)
入場:無料

【米子】
日時:平成30年3月21日(水曜日・祝日)15時から17時
場所:米子市淀江文化センター淀江さなめホール(米子市淀江町西原708-4)
入場:無料

※両公演に関するお問い合わせ:鳥取県地域振興部文化政策課(0857-26-7134)
関連HP(鳥取県)