新着情報

公開授業講座「鳥取学~とっとり再発見~」で平井伸治鳥取県知事が特別講演を行いました

2017年11月21日

 鳥取大学では、本学で行っている授業を一般向けに「公開授業講座」として公開しています。これは大学開放事業の一環で、各学部が開設している授業を公開し、生涯学習に対する社会的要請に応えるとともに、地域社会との連携を深めようとするものです。

「鳥取学~とっとり再発見~」(後期全学共通科目(主題科目)・全15回)は、私たちが生活している「鳥取」について、歴史・文化・社会・自然など様々な観点から総合的に学ぶ授業科目です。本学教員のほかに、学外から多彩な講師を招き、多角的・総括的に学ぶ内容となっています。

 11月20日に開催した第7回では、「小さくても勝てる 鳥取県の挑戦」と題して、平井伸治鳥取県知事による特別講演をしていただきました。平井知事は「砂丘こそ鳥取の顔」であると、「砂丘」を通して「鳥取」を売り込む戦略を打ち出し、様々な経済効果を上げたことなど、多角的な取組みを紹介されました。また、鳥取県の規模の小ささを利用し、県政への県民参画や全国トップクラスの行財政改革を推進していることなど、平井知事お得意のダジャレを時折交えながら講演されました。


平井伸治鳥取県知事


講演の様子