新着情報

ハラスメント防止講演会を開催しました

2017年12月21日

 12月18日・19日に、ハラスメント防止講演会を開催しました。この講演会は、社会的に身近な問題となっているハラスメントについて、その理解と意識を高めることにより、ハラスメント防止の徹底を図り、安心で快適な教育研究環境を確保することを目的として企画したものです。
 講師には広島大学ハラスメント相談室長の横山美栄子氏をお迎えし、18日は農学部において、検討事例を元にワークショップ形式による意見交換を行い、ハラスメント対応の理解を深めました。19日には、工学研究科主催により「ハラスメント事案への対応-手続きの流れと留意点-」と題しての講演会があり、ハラスメント相談員を含めた教職員等、両日合わせて約180名が参加しました。
 講演会では、ハラスメント相談を受けてからの対応とその留意点について、具体的な対処法や事案を交えて分かりやすく説明されました。また、大学組織としてはハラスメント被害の回避・救済を優先し、迅速な初期対応が重要であること、学生や教職員が安心して学び、働く環境を作り、教育機関としてふさわしい対応をとる必要があることなどを解説いただきました。参加者らは、ハラスメントに関する意識の高揚を図ることができ、その防止に向けた取り組みの重要性についてさらに認識を深めました。

ワークショップの様子
検討事例を元に意見交換を行う参加者ら(農学部)
講演の様子
講演を行う横山美栄子氏(工学研究科)