新着情報

平成29年度科学研究業績表彰状授与式を行いました

2018年02月28日
 2月28日、鳥取キャンパスで平成29年度鳥取大学科学研究業績表彰状授与式を行いました。

 表彰式に出席した5名に学長から表彰状が授与され、日ノ丸報恩会の中尾常務理事から副賞(日ノ丸報恩会奨励金)が贈呈されました。
 科学研究業績表彰は、本学教員の中から、科学研究業績(権威ある学術雑誌・紀要等に掲載されるか又は著書として刊行されたもの)が特に優れていた教員を表彰するもので、昭和29年(1954年)から毎年行われています。

■今年度の表彰者と論文題目  

所属等

氏名

論文題目

地域学部 准教授

塩沢 健一

庁舎整備の政治学:住民投票実施に至る政治過程と有権者の投票行動

医学部附属病院 助教

山梨 豪彦

Beta-hydroxybutyrate, an endogenic NLRP3 inflammasome inhibitor, attenuates stress-induced behavioral and inflammatory responses
(NLRP3インフラマソーム阻害物質であるβヒドロキシ酪酸はストレスによる行動と炎症性の変化を抑制する)

大学院工学研究科
准教授

鈴木 宏和 Thermoadaptation-Directed Enzyme Evolution in an Error-Prone Thermophile Derived from Geobacillus kaustophilus HTA426
(Geobacillus kaustophilus HTA426から構築した高変異性好熱菌における耐熱化指向性の酵素進化)

農学部 准教授

兵頭 正浩

ひび割れを付与したRC管に対する断面内剛性の評価

国際乾燥地研究教育機構 特命准教授 Nigussie Haregeweyn Ayehu Comprehensive assessment of soil erosion risk for better land use planning in river basins: Case study of the Upper Blue Nile River.
(河川流域におけるより良い土地利用計画のための土壌侵食の総合的評価:青ナイル川上流域における事例研究)
出席者による記念撮影

来賓挨拶をされる日ノ丸報恩会中尾常務理事