新着情報

鳥取県警察本部長による講演を行いました

2018年05月31日
 5月28日、全学共通科目「社会安全政策論」の第7回目の講義が行われました。
 この科目は、社会安全や危機管理に精通している外部講師をお招きし、個人や地域社会の安全をいかに確保するのか、そのための施策のあり方や社会正義について学ぶことを目的としています。
 第7回目は、「安全な社会作りに自分を生かす」と題して、この3月、鳥取県警察本部長に女性として初めて就任された、佐野裕子さんに講演をしていただきました。佐野さんからは、自らの経験談を基に警察庁入庁を目指すまでや入庁後のキャリアステップなどについてお話いただき、「警察という職業は、社会貢献に直接携わることができ、責任は重いがやりがいもある。今後、ますます仕事が面白くなるだろう。皆さんも楽しめる進路を見つけてほしい。」と、39名の学生にメッセージが送られました。
 最後に、学生たちがこれまでを振り返り、今後を考える時間が与えられ、それぞれの人生のグランドデザインを考えるきっかけとなりました。


講演を行う 佐野裕子 鳥取県警察本部長