鳥取大学からのお知らせ

「平成30年度メキシコ海外実践教育プログラム」がスタートしました

2018年08月30日

8月20日、「メキシコ海外実践教育プログラム」の開講式がメキシコ ラパス市で行われました。

「メキシコ海外実践教育プログラム」は、本学の教育グランドデザインである豊かな「人間力」の養成と、国際的な視野と国際感覚に優れたタフで実践力のあるグローバル人材を育成することを目的として、平成18年度より実施されています。
 今年度で13回目となる本プログラムは8月16日から9月30日まで実施され、5名の学生が参加しています。プログラムの期間中、メキシコからの近況報告「ラパス便り」を皆様にお届けします。

 「ラパス便り」はこちら