新着情報

香川敬生教授が平成30年防災功労者防災担当大臣表彰の受賞者に決定

2018年09月12日

 工学部社会システム土木系学科の香川敬生教授が、平成30年防災功労者として防災担当大臣表彰の受賞者に決定されました。

功績の概要

 香川教授は、鳥取県における地震に関する専門家の第一人者として、地震調査研究に携わり優れた研究成果を残すとともに、鳥取県防災顧問や鳥取県原子力安全顧問等を務め、防災行政に対し有用な提言を行いました。県民及び防災関係者には、防災講演等を通じて地震及び地震防災について活発に啓発を行い、地域の防災意識向上にも大きく寄与しています。
 また、平成28年の鳥取県中部地震の際は、復興期においても多くの助言を行い、その後の県の防災体制の整備にも尽力されました。