新着情報

石谷孝二名誉教授が平成30年鳥取県文化功労賞を受賞

2018年11月22日

 石谷孝二名誉教授(元鳥取大学地域学部附属芸術文化センター教授)が、平成30年度鳥取県文化功労賞を受賞されました。

功績の概要

 主に木彫を手がけているが、ブロンズを使った彫刻や、テラコッタ(粘土を素焼きにした作品)なども制作する。一つの作品が複数の異なったものを表しているように見える「見立て」という手法を追求し、柔らかなぬくもりのある作品を制作し続けている。大学在学中から「国展」に出品を続け、昭和54年に「国展国画賞」、平成12年には「第1回桜の森彫刻コンクール優秀賞」を受賞。鳥取県立図書館や韓国春川大学・彫刻公園などに作品が収蔵される。昭和61年から鳥取大学に赴任し、芸術文化センター長も兼務するなど後進の育成に務めた。県展の運営委員・審査員を務め、県展賞の副賞の原型制作や県文化功労賞の副賞のデザイン及び原型制作を手がけている。

巡回展

 石谷氏をはじめ受賞者の功績を紹介する記念事業として、平成31年1月に巡回展が開催されます。

【西部会場 米子市美術館】
日時:平成31年1月5日(土曜日)~10日(木曜日) ※9日(水曜日)休館
【中部会場 倉吉博物館】
日時:平成31年1月19日(土曜日)~23日(水曜日) ※21日(月曜日)休館
【東部会場 鳥取県立博物館】
日時:平成31年1月26日(土曜日)~30日(水曜日) ※期間中休館日なし

※巡回展に関するお問い合わせ:鳥取県地域振興部文化政策課(0857-26-7134)
関連HP(鳥取県)外部サイトへのリンク