新着情報

学長主催「留学生を囲む集い」を開催しました

2018年12月13日

 12月5日、鳥取キャンパスにて、学長主催「留学生を囲む集い」を開催しました。この会は留学生への慰労と、教職員や留学生サポーターの日本人学生たちとの親睦及び交流を目的として毎年開催されており、学生を主体とした実行委員が実施しています。今年度も国際交流のための学生チーム「G-Frenz(グローバルフレンズ)」が企画・運営し、当日の進行を寺田茉由さん(農学部2年)と久野七彩さん(工学部2年)、イザさん(工学部1年)が担当しました。
 開会に先立ち、豊島学長から「学生時代には一生懸命勉強してください」と激励の挨拶があり、安延副学長(国際交流推進担当)・国際交流センター長による乾杯の音頭でスタートしました。参加者は、お寿司やサンドイッチ、おでんなどの料理を食べながら歓談した後、留学生とG-Frenzによる出し物が行われました。留学生が1年間に参加した行事をスライド写真を使って紹介し、普段どのようなイベントに参加し活動しているのかを知ってもらう、とても良い機会となりました。他にも、G-Frenzのマレーシア人留学生が日本のアーティストの歌をギターの演奏とともに熱唱して披露したほか、後半には、8ヶ国の留学生がそれぞれの民族衣装を身にまとい、ランウェイを歩くファッションショーが行われました。
 今回は、11月から行っていた留学生のための「華道教室」の作品を写真で展示し、出席者による投票で上位3名選出され、安延副学長が表彰しました。会には約150名が参加し、大盛り上がりのうちに閉会となりました。

開会の挨拶をする豊島学長
ギターを披露する留学生
ファッションショーの様子
「華道教室」の様子