新着情報

2018年度JICA課題別研修の閉講式を開催しました

2018年12月13日

 12月7日、2018年度JICA課題別研修「乾燥地における持続的農業のための土地・水資源の適正管理(B)」の閉講式を行いました。

中東、アフリカ諸国を対象とした同研修Aコースは30年の歴史がありますが、中央アジア・コーカサス地域を対象としたBコースは今回が初めての実施となります。本年度は、アルメニア、アゼルバイジャン、キルギス共和国、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンの6か国から7名の研修員を迎えました。本研修は、11月26日から12月7日までの約2週間、本学において実施され、講義だけでなく、米子土地改良区の視察や、地域住民との交流イベントなど盛りだくさんの内容となりました。

閉講式では、JICA中国センターの田中次長から、研修員に修了証が手渡され、豊島学長、田中次長が祝辞を述べました。研修員を代表して、エルメック・ジェイレノフさん(キルギス共和国)が「中身の濃い講義でした。我々の愛する母国のために、この研修で学んだことを関係者と共有し、協力して普及に努めたいです。この研修を通して、日本とキルギス間だけでなく、アルメニアとキルギス、アゼルバイジャンとキルギス、といったように各国間の友好を深めることができました」と有意義な研修期間を振り返りました。

閉講式の様子

記念撮影