新着情報

持続性社会創生科学研究科工学専攻の学生が奨励賞を受賞

2018年12月19日

 12月1日に開催された第3回関西電気化学研究会において、本学大学院持続性社会創生科学研究科工学専攻の進藤好子さんが「2018年度関西電気化学奨励賞」を受賞しました。本研究会は、関西支部の若手研究者や大学教員、大学院生を中心に毎回約100名の参加がある、気鋭の若手研究者を中心とする研究討論会です。この様な研究会に本学から受賞者が出たことは、大変栄誉なことであり、今回の受賞を励みにさらなる活躍が期待されます。

 

受賞題目『リチウム二次電池用FeSi2/Si電極へのイオン液体電解液の適応性』


(左下から反時計回りに)進藤好子さん、坂口教授、薄井准教授、道見助教