鳥取大学からのお知らせ

国立大学法人鳥取大学の会計監査人候補者の選定について

2019年02月01日

国立大学法人鳥取大学の会計監査人候補者の選定について




平成31年2月1日
国立大学法人鳥取大学



 国立大学法人は、国立大学法人法の定めにより、会計監査人による監査を受けることとされています。会計監査人の選任は文部科学大臣が行いますが、選任にあたっては、各国立大学法人が会計監査人の候補者を選定し、会計監査人候補者名簿を文部科学大臣へ提出することとされています。
 ついては、2019年度から2021年度の本学の会計監査人に就任する希望をお持ちの監査法人または公認会計士の方からの提案書を下記により募集します。





1.会計監査人の資格:
(1)国立大学法人法第35条において準用する独立行政法人通則法第41条に定める資格を有する者であること。
(2)会社法第337条第3項に該当しない者であること。

2.提案書の記載事項:別紙「提案書の記載事項」を参照してください。

3.提出期限:平成31年2月25日 (月) 17時00分必着(持参も可)

4.提出部数:6部(貴法人等の概要を記載したパンフレット等含む。)

5.その他:
(1)今回の選定は、2019年度から2021年度までの複数年に係る候補者の選定となりますが、毎年度文部科学
  大臣の選任を受けることから、契約は単年度契約になります。
   2020年度以降については、毎年度、候補者より当該年度の監査提案書等をご提出いただき、本学において
  その内容を評価・検証したうえで、適切であると認められた場合に限り、引き続き文部科学大臣の選任を求
  めることといたします。
   なお、選定された者が行政処分を受けた場合や、監査契約に基づく履行状況等を検証したうえで適切な監
  査業務を遂行することが困難であると認められる場合には、選定の見直しの対象となります。
(2)監査報酬見積額については、2019年度から2021年度までの3年間の平均額をもって評価いたします。た
  だし、各年度の契約にあたっては、当該年度の見積額を参考といたします。2020年度以降において、監査計
  画の大幅な見直し等により見積額に変更が生じる場合は、当該年度の監査提案書に詳細な理由を付して明記
  願います。
(3)審査終了後、応募者に審査結果(推薦順位)を希望によりお知らせいたします。
(4)会計監査人候補者の選定は、提案書の内容を総合的に判断して決定いたしますが、必要に応じて、本学に
  提出された提案書についてプレゼンテーションを行っていただく場合があります。
   なお、その場合の詳細は別途連絡させていただきます。

  (別紙)提案書の記載事項(PDF; 189KB)

  <お問い合わせ先及び提案書提出先>
   〒680-8550 鳥取県鳥取市湖山町南4丁目101番地
    国立大学法人鳥取大学財務部財務課総務係(担当:村上)
     電 話:0857-31-5024
     F A X :0857-31-5026
     E-Mail:fi-soumu@ml.adm.tottori-u.ac.jp