新着情報

全学共通科目「鳥取学~とっとり再発見~」で、豊島学長が講義を行いました

2019年02月04日

 本学では、後期全学共通科目として「鳥取学」を開講しています。この科目は、私たちが生活している「鳥取」について、歴史・文化・社会・自然など様々な観点から総合的に学ぶ授業科目です。

 2月4日に開催した第15回目では、「鳥取県民の健康」と題して、豊島良太学長に講義をしていただきました。日本人が戦後に長寿命化した背景や、平均寿命の男女差、地域差があることを始め、鳥取県における健康について、他都道府県と比較しながら説明されました。また、「鳥取県民は歩かない人が多い。特に高齢者は歩くことで認知症などの予防にもなるので、歩く習慣をつけましょう」と健康に生活するためのアドバイスもされました。

 この講義が豊島学長の任期中の最後の講義となり、聴講した学生らに向けて「しっかり勉強した者が運を掴む。コツコツと努力を重ねましょう」と伝えられました。その後、豊島学長を囲んで、学生らと集合写真を撮影し、講義を締めくくりました。


講義を行う豊島学長

講義の様子

集合写真