高等教育の修学支援新制度(高等教育無償化/授業料等減免)

 「大学等における修学の支援に関する法律」に基づき、特に優れた学生であって経済的理由により極めて修学に困難があると認められるときは、授業料及び入学料の減免を行います。(学部・日本人学生のみ)

  機関要件確認の申請書(鳥取大学)/354KB
 

支援対象者(日本学生支援機構の給付奨学金制度において支援の認定を受けた者) 

収入要件:住民税非課税世帯(及び準ずる世帯)の学生
学力要件:高校における評定平均値3.5以上または入学試験の成績順位が上位1/2以内(新入生の場合)

免除額等 

入学料

授業料

給付奨学金

全額免除

全額免除

約80万円(自宅外生)

日本学生支援機構が判定・決定する収入区分に応じて
準ずる世帯の学生については、入学料・授業料、給付奨学金の2/3または1/3を支援

文部科学省ホームページ → 高等教育の修学支援新制度
日本学生支援機構ホームページ → 奨学金の制度(給付型)
支援対象となるか知りたい場合 → 進学資金シミュレーター

 

2020年4月学部入学生

新制度による入学料・授業料減免を希望する方は、申請書を入学手続期限までに提出してください。

 授業料等減免の対象者の認定に関する申請書(2020年4月入学者用)※記入例含む

 ・高校において給付奨学金の予約採用に申し込み、「採用候補者」となった方

 ・入学後に給付奨学金の申込み(在学採用)を予定している方(4月中旬に申込説明会を開催予定)
 

2020年4月進級予定の学部在学生 

 令和2年度前期分の授業料減免を受けるためには給付奨学金制度に申し込み、支援の認定を受ける必要があるため、まだ申し込んでいない方は、4月に実施予定の「在学採用」で申込手続きを行ってください。
 また、当該制度に申し込みを行った結果、現在の授業料免除額から減少となった場合でも、継続して相当額の支援が受けられるよう経過措置の対象となる可能性があります。

 ・在学予約採用

   申込説明会(終了しました) →学内掲示(2019年10月15日)

   学修計画書の提出(~4月17日) →学修計画書(記入例つき) 

 ・在学採用 申込説明会(2020年4月予定)

 

※大学院生(入・進学者を含む。)は、これまでどおりの免除申請となります。

 → 令和2年度前期分授業料免除の申請について(大学院生)

 

【担当】
 鳥取大学学生部学生生活課奨学係
 TEL:0857-31-5059・6776
 メールアドレス:st-syougaku(a)adm.tottori-u.ac.jp
         (a)は@に変えて送信してください。