新着情報

台湾銘傳大学生に向けて鳥大留学フェア(オンライン)を実施

2021年03月31日

 326日、本学国際交流センターでは、学術交流協定校である台湾の銘傳大学の学生を対象に、オンラインでの鳥取大学留学フェアを実施しました。本学と銘傳大学とは2011年から学生交流を続けており、コロナ禍以前の2019年までは、毎年約50名の学生が相互に日台のそれぞれの交流プログラムに参加してきました。

 留学フェアの第一部では、銘傳大学応用日本語学科の学生を対象に、地域学部柳教授から鳥取大学と地域学部の紹介、国際交流センター教員から留学生活と留学方法についての紹介がありました。また、銘傳大学の参加学生は、附属図書館や大学食堂などの学内施設の「バーチャル鳥大体験」を行いました。さらに、銘傳大学会場から参加した、本学に留学経験のある学生からは、後輩たちに留学経験をお話しいただきました。

 第二部では銘傳大学生物科学技術学科の学生を対象に、霜村農学部長から農学部の紹介がありました。その後、連合農学研究科の児玉教授、農学部の有馬教授の各研究室から生中継し、研究室の機器や研究内容、研究室の様子などのお話がありました。

 オンラインによる鳥大留学フェアは、その特性を活かして臨場感のあるものとなり、銘傳大学の学生にとって、鳥取大学や鳥取県がより身近に感じられた機会になりました。今回の留学フェアに参加した銘傳大学の学生が、鳥取大学を留学先の一つとして考えてくれることを期待しています。

photo

photo

当日の様子